皆さんこんにちは。

今日はですね、会社を年休で休み贅沢をしようと決めていまして。

色々と考えた結果、『手打蕎麦 せんり』へ行くことにしました。

コロナ禍で遠出も出来ませんし、移動を制限されてストレスが溜まった僕の癒しは『食』なんです。

店内

11時過ぎにお店に入ると僕1人でした。以前ならこの時間でも年配のお客さんが必ずいたのですが、今の松山市のコロナの影響を改めて感じました。

鴨ざる蕎麦を注文

鴨ざる蕎麦と前回の反省を活かしワサビを注文しました。

この高知県産の合鴨がどんな味か気になります!

最初に木のトレイが運ばれてきます。

これが『鴨ざる蕎麦』です!

食べた感想

てんりの蕎麦を食べたらいつも思うことがあります。

大盛りにしとけば良かった!

ダイエットしないといけないので我慢しましたが、それくらいお蕎麦が美味しい。今日は暑かったので蕎麦が進みます!

そして鴨肉の量が思ったより多い!

お蕎麦さんって美味しいものを少しだけ提供してくれるイメージでしたが、良い意味で裏切られました。

肝心の鴨肉は柔らかく、鴨特有の風味があり深い味わい。上手く言えませんが上品な味です。臭みはまったくありません。

大きいでしょ?

ちなみにこの小さい部位の鴨肉はコリコリで先ほどの肉とは違った食感を楽しめます。こちらも美味しいです。ただ歯が悪い人や入れ歯の人には固いかもです。

蕎麦湯を入れて汁を飲んだら美味しかったです。なんですかね。身体に優しいんですよね。

もちろん完食です。ごちそうさまでした!

近所の川で見かけた鴨

もし僕が今後何かの間違いで勝ち組になれたら、毎日お蕎麦を食べたいです。(笑)

けどたまに贅沢をして、美味しいお蕎麦を食べれる事や健康である事に感謝して明日からも頑張ります!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは皆様、お身体に気をつけて。

ご機嫌よう!


SHIMA

愛媛県在住のアラフォーです。人生の折り返し地点に差し掛かり新しく何か始めたいと思いブログに挑戦することにしました。 自分の経験したこと(しくじりも含め)や体験が、自分にとって当たり前でも、誰かにとっては特別な事かもしれません。 僕の書いた記事が読んでくれた方に少しでも役に立ってもらえたら幸いです。

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です