皆さんこんばんわ!

先日、Twitterで素敵な言葉に出逢い、久しぶりに本を読もうと思いました。

とはいえ今の僕は金欠です

そしてコロナですることが制限されている時だからこそ本を読み、自分の考え方や視野を広げたくなったのです。

そこで以前購入していた朝倉未来さんの『強者の流儀』を再び読み、自分なりに感じたこの本の良さを少しだけ伝えたいと思います。

最初に筆者の朝倉未来さんについて説明します。

朝倉未来とは

ウキペディアから

僕はYouTubeで朝倉未来さんを知りました。下記の動画はYouTuberのシバターさんとの試合です。

松山市のコミセンで試合したみたいなので、見に行きたかったです。色々な意味で衝撃を受けた内容なので気になる方は是非。

朝倉未来さんの動画

強者の流儀

この『強者の流儀』は第一章から第五章で構成されていました。

第一章(強者の流儀)は朝倉未来さんのマインドがメインの内容なので、ファンでなくても全ての読者に向けた内容になっていました。

そして僕的にも第1章の内容が1番面白いというか、心に響きました。2章から5章にかけては格闘家、YouTuberとしての事が書かれていたので、特にファンの方には嬉しい内容だと思いました。

第1章の内容を行動に移すとこうなる。という事が描かれていたので、個人的に面白かったです。※未来さんは見た目完全に輩ですが。

それでは本題に入ります。

そもそも強さとは何か

朝倉未来さんは強さとは色々な強さがあるが、格闘技の試合に求められる強さと、日常生活の上での強さは毛並みが違うが、両方に共通する重要はポイントがあると書いてます。それは

自分を客観視する、ということです。

その理由は自分を客観視することで自分の強みや弱みを的確に把握できる。孫子の言葉『敵を知り己をしれば百戦殆うからず』を引用し、敵を知るだけでなく自分を知ることが大切と書いてます。

具体的に言うと

自信を持つのは良いが、自分の強みばかりに目を向けては、自分の弱点の改善が出来ない。

そして自分の弱みばかりに注目してしまうのも考えもので、

弱みばかりに注目する人は、謙虚なように見えて実は自分を客観視することができていない。

もしかしたら、客観視した結果、自分には何もないと分かるのが怖いのかもしれない。でも自分に強みがあるなら、それを生かして物事に取り組めばよいし、弱みしかないのだったらその中で何かを選んで弱みを潰せばいい。

結論

客観視をしたから何かを失うわけではなく、正しく前に進む為に必要な手段

感想と補足

上記の内容は本の1番最初に書かれていた内容を自分なりにまとめてみました。正直、始まりから心を掴まれてしまって。

特に謙虚なように見えて自分を客観視することができていない。は正に過去の僕そのものです。(笑)責任や何かを背負うのが煩わしい時に謙虚なふりをして、よく逃げてました。まさに弱者の思想!

けど僕みたいな人ってけっこう多いと思うんですよね。お国柄なのか謙虚を美徳とする風習がありますし。叩かれたくないという考えから、つい八方美人になってしまったり。

そもそも自分を客観的に見て、自分の強み、弱みを考えた事はありませんでした。

自分を客観視する!この思考は人生を成功させる、もしくは軸を持って自分らしく生きる為に有効な考え方だと思います。

他にも紹介したい内容は沢山ありますが、長くなってしまったので今日はここまでにしたいと思います。

インターネットが普及して、情報が簡単に手に入るようになり、『行動すること』が大切だと思います。行動するために様々な情報の中から嘘か本当かを見抜くチカラ、『物事の本質を見抜く力』が今後の僕にとって欲しい能力なのですが、その為に自分を客観的に見れるように心がけて自分だけの人生を充実させたいと思います!

人は人で、自分は自分ですからね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

それでは皆様ご機嫌よう!


SHIMA

愛媛県在住のアラフォーです。人生の折り返し地点に差し掛かり新しく何か始めたいと思いブログに挑戦することにしました。 自分の経験したこと(しくじりも含め)や体験が、自分にとって当たり前でも、誰かにとっては特別な事かもしれません。 僕の書いた記事が読んでくれた方に少しでも役に立ってもらえたら幸いです。

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です